So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

3Dプリンタってどうよ? [模型・フィギュア]

ついに買ってしまった!
3Dプリンター!

ボンサイラボ の BS CUBE とかいうやつ。

DSC01097.JPG





いやね、数年前に話題になった時も欲しかったんだけどね、
高いじゃん。

でもたまたまコレをネットで見かけまして。

3万だったら買えるな!
しかも初心者でも使いやすいとな?

買うしかねえな!


え?
3Dプリンターなんか何に使うのかって?

決まってんじゃん!
コレだよコレ!

DSC01101.JPG

え?
意味解らん?

・・・えーっと、あのですね、突然の思い付きでコレ作ってみたくなったんですよ。
tank05.jpg

レッドウルフ。

でね、メルカバって戦車買ってきてね、ガリガリやってたの。


でもね、うん。
プラ板やプラ棒貼って削ったりとかね、めんどくさくなってさ。
てかプラ棒って固いよ、削るの疲れるよ・・・

というわけでね、プラモデルの改造パーツを3Dプリンターで作れないかなぁと・・・

以下やってみたこと。


まず付属のSDカードに入ってたサンプルデータを出力してみる。
本体のパネルを操作するだけ。
しかも簡単。

DSC01099.JPG

できた。
50分くらいかかったかな・・・
やはり時間がかかるのは仕方ないか。

でも昔聞いた頃よりは早いだろう?
このくらいなら待てるか・・・


次にメーカーサイトでマニュアルやらドライバやらソフトやらダウンロードしてやってみる・・・
Windows10でも使えた。
最初にドライバのエラーが出た気がしたが、差し替えたり再インストールしたりで問題なさげ?

USBで繋いでソフトでプリンタの設定して・・・
パラメータがちゃんと合ってないと動かないので多少手間取る・・・

ホームボタンで台座が初期位置に動いたので接続はOK。


さて、これで3DモデルのデータがあればPCのソフトで出力できるようになった。

が、

さて最後は出力するモデルデータをどうするかだな・・・

というわけでここで問題が。
そもそも出力するモデルデータを何でどうやって作るか・・・
フリーのアプリとかWin10の噂のペイント3Dとか色々見てみたが・・・
う~ん・・・?

プラモデルの部品を作りたいので、ミリ単位くらいには数値で指定して作れるものがいいのだが・・・
いわゆるCADってやつになるのか?

と、ネットの海をさ迷い・・・


あ!
自分には Light Wave 3D があるじゃないか!?

バージョンは一つ前の 11.6 だか確かこの頃から3Dプリンタ用のデータに対応したはず!


というわけでほぼ使っていない埃まみれ(?)のLight Wave 3Dを引っ張り出す。
なんかね、使わないんだけどね、OSバージョンアップとかPC環境変わった時にバージョンアップしてたんだよね。
せっかく高い金出して買ったものなので使えなくなるのは嫌で・・・


というわけで起動!
s002.png

箱みたいなものなら簡単に作れる。
数値入力も恐らく実際に出力されるもののサイズになるだろうことを期待して、 24mm x 20mm x 32mm の大きさで作成。
3Dプリンター用の STL 形式とかいうファイルに変換・・・三角ポリゴンに分割されるのか。


よし、ここまではOK!


で、今度は BS CUBE のマニュアルに説明がある Repetier Host という出力用のソフトでモデルのファイルを読み込む。

台の上にイイ感じで収まってるっぽいのでよさげかな?

出力を実行!
s001.png

コレは出力に約32分と表示されてたが、実際にそのくらいで出力完了。

DSC01100.JPG

おお、出来た!

サイズを測るのです。
DSC01102.JPG

24mm・・・20mm・・・と、高さは32mmより少し長いがコレは出力するときに付けられる底の余白部分だな。

ピッタリじゃないか!

すげーな、3Dプリンター。

後はもちっとモデルをちゃんと作って・・・

Light Wave が使えたのはラッキーだった。
モデルデータなら色々作ったことあるし。

色々手を出してみるもんだな。



ところでプラモデルに使うにはちと材質に問題が。
PLA樹脂とかいうの、ポリなんとか系?
プラモデル用の塗料が乗らないのは確認済みだったが。

表面にパテか何か塗らないと。
そもそもサフやサーフェイサーで使えるのがあるかどうかだが・・・

ま、表面はシマシマの凸凹があるからどうせガリガリとヤスリ掛けしないといけないんですが。
あまり厚盛すると本末転倒になる気もしないでもなく・・・?

明日は表面仕上げをどうするか色々試してみるかなぁ。




nice!(0)  コメント(0) 

RapiroにRaspberry Pi3を乗せてみたの巻 [ロボット]

いよいよRapiroにRaspberry Pi3を乗せてみることにしたのです。

余談ですがPi1にも同じように最新カーネル入れてみました。
カーネルに4.9入れたらPi1でも各デバイスの設定は同様に簡単にできて、どっちのオーディオカードでも各設定ファイル書き換えるだけでOKになってた。
カーネルをビルドする必要がなくなったのは良いです。


さて、行ってみましょ。
DSC01074.JPG

でん。

まずPi3に付けるカメラを新しく買ってきました。
Raspberry Pi NoIR 赤外線 カメラ モジュール V2とかいうの。

いつのまにかカメラもV2になってたし、以前はノーマルだったけど赤外線(をカットしない)のやつがどんなのか試したかったので。


あと、Rapiro用 Raspberry Pi 2 Model B対応アタッチメントというのを購入。
Rapiro本体はPi1を付けるように設計されているのでPi2以降は自分で工夫しないといけないのですが、このパーツ使うとPi2以降でも簡単に乗せられるっぽいです。
ちなみに今は本体に同梱されてるらしいですが。

このパーツ、スイッチサイエンスのサイト見てても、すーっと在庫切れのまんまなんだよねぇ・・・
秋葉巡っても見かけなかったし・・・
共立エレショップの通販サイトでやっと見つけました。

あとね、スペーサーね。
基板と基板をつなぐ柱みたいなの。

調べてみると日本で一般的なのはネジの太さが 3mm のものですが、Raspberry Piは 2.6mm とか。
これも探しましたね。
ネットでぐぐりまくったり秋葉を徘徊したり・・・
通販で多少見かけたけど、なんか届くまで日数かかりそうなのばかりだったので結局秋葉の西川電子部品で金属製だけど2.6mmネジのスペーサーをいくらか購入。
まぁちと重くなるが気にしない気にしない。


この状態で新しく付けたカメラとか色々動作チェック・・・
よしOKだ!


で、いよいよRapiroに組み込むデス。
DSC01075.JPG

DSC01076.JPG

Pi3もオーディオカードもだいぶ電力食うのでRapiroのボードからの供給だとまずまともに動かないと思われ。


でも以前に改造済みなので問題なし。
ACアダプタまたはバッテリーから直接引いて並列で2個のDC-DCコンバータ通してるので。
コンバータの電流は3Aまでとあるので大丈夫でしょう。
ACアダプタは12V 6Aのやつ。
この辺の電力関係は以前に書いたやつだけど、だいぶ前のことなのでメモ書き。
(実は本人がキレイさっぱり忘れてて思い出すのに苦労したという・・・)


ここでRapiroと繋いでる状態で動作チェックするのだ。
シリアルの接続に悩んだがコネクタいつのまにか間違ってた・・・
平べったいケーブルね、目の照明のやつにシリアル繋いでた・・・
どんまい。

ちと悩んだがなんとかRapiroのサンプルコードで PS3コントローラー -> Raspberry Pi3 -> Rapiro制御ボード ときてちゃんと基本動作が実行できることを確認。

よしよし、OKだ。

さて頭をかぶせるか・・・
DSC01077.JPG

むぅぅ・・・!
目に基板が完全に被ってる・・・!!!

これでは目の光が・・・


むうう・・・

以前のPi1でもオーディオカードが被って目に影が出るので、カードから使わない端子取ったり、目の照明を後頭部から頭の上に移動したりして何とか光らせてたのですが・・・
(この辺も以前書いたの参照)

しかし今回はもう無理っぽいか・・・?

ん~~~・・・

・・・・・

あ、でも基板が横置きになったことで顔の裏に若干のスペースがあるな・・・
もういっそ目の直近に照明を置くか・・・!?

じゃん。
DSC01078.JPG

おお、
なんかロボットみたいに見えなくね?

いやロボットなんだけど。

ちなみにプラ板で土台作って両面テープで張り付けてます。
私はラジコンで使ってる両面テープが剥がれにくくて便利なので多用してます。


よし顔を付けるのだ!
DSC01079.JPG


ビガガガーン!!!

いやデジカメだとなんか光が補正されちゃうよね。
ホントはここまで明るくないですよ。

淵の方は確かに光が弱くケーブルの影が映ったりしてるんですが・・・
まぁそんなに気にならないかなぁ?


よし、このままくみ上げるのだ!
(一旦シャットダウンして電源切ってるけど)


完成!
DSC01080.JPG

基本動作もOK。

音も鳴る。

カメラも・・・

よしストリーミングでちゃんと見れる。
picamera01.png


おお、パーペキだね!

終了。



・・・

・・・・・・


あれ、左右逆じゃね!?

・・・・・・

・・・・・・

・・・・・・


あー、
ところで後頭部はこんな風になります。
DSC01081.JPG

Pi1ではコネクタ類が出てた穴の部分がスカラカン。

このまんまでもいいけど・・・


あとコレ。
DSC01082.JPG

外した Pi1。


んー、わざわざRapiroに戻すこともないだろうしなぁ・・・
とりあえずオーディオカードの外したコネクタを元に戻してみるか・・・


nice!(0)  コメント(0) 

raspbianのカーネルとかいうのが4.9とかになってて何か知らんが以前できなくて四苦八苦してたのがもう色々簡単にできるようになってた件 [PC]

去年Raspberry pi3を買ったわけですが。

Rapiroに初代piを乗せてるんですがいつのまにかpi3なるものが出てて、今までUSBに挿してたWiFiとBluetoothがオンボードになったとか書いてあったしね。
欲しくなるよね。

でもね、
去年はCirrus Logicのサウンドカードは悪戦苦闘しながら何とか音が鳴るようになったんですがね、PS3コントローラーのBluetooth接続とかシリアル通信とか色々やっても全然うまくいかなくて・・・

やはりpi1とpi3では色々あれこれ違うのか・・・?

そんなこんなで半年ほったらかしだったんですけどね、ふと思い出して再挑戦したのです。

そしたらね、カーネルが4.9とかになってまして。
今まで苦労してたのがなんだか知らんが色々簡単に出来るようになってた・・・

マジッすか!?

==========================================

最新のRaspbianをインストール。
私は相変わらずSDカードにNOOBS入れてやったかな。

おなじみの apt-get で色々更新。
rpi-update でファームもアップデート。

ところでntpを設定してるはずなのになぜか時刻が補正されない・・・
だいぶずれている・・・

諦めかけてたところ ntpdate というのを使ったらすぐに時刻補正された。
(ntpサービスを一旦止めるとかしないといけないですが、詳しくはググってみるべし。)

いや、時間がずれてると rpi-update でエラーが出るんですよ・・・


そんなこんなでファームもカーネルも最新版に。
s03.png

==============================
1) シリアル通信

Rapiroに乗せたいから、arduino系とかいうRapiroの制御ボードとシリアルで通信できないといけないのです。

結論から言うと raspi-config で設定するだけでした・・・
sudo raspi-config

5 Interfacing Options を選ぶ

P6 Serial を選ぶ

Would you like a login shell to be accessible overserial?
  => No

Would you like the serial port hardware to be enabled?
  => Yes

ちなみにシリアルポートは /dev/serial0 になりました。

以上。


でもね、実はここまで来るのに色々設定ファイル書き換えたり悪戦苦闘しましてね・・・

PCと繋いでみても何故か文字化け。
s01.png

「hello」が「ゥモメR$」って何ね?
むぅ・・・?

ボーレートとかパラメータは何回も確認してるし・・・
ググるとpi3はBluetoothがオンボードになったのでシリアルがCPUクロックに影響される問題があるとか出るが・・・
そのクロックも書いてある通り設定してもダメ。

・・・
ひょっとして・・・

Rapiroに乗せてる pi1 はちゃんと通信できてるので試しにPCに同じようにつないでみる・・・

おおう・・・全く同じ「ゥモメR$」が・・・!

PC側の問題だったのか・・・

ググるとWindows10だとシリアル通信がうまくいかないとかそんなんがあるが、USBシリアル変換器も色々問題がありそうだし・・・?

というわけで実はシリアル接続用の機器を色々買ったのですが、よくわからんシロートなので結局無駄な投資を・・・
とほほ・・・

最終的にマルツで買ってきたUSBシリアル変換器であっさり繋がったわ・・・
DSC01070.JPG

説明にはWindows8非対応とあったのですが、どうやらWindows標準ドライバが対応した?
Windows10でも問題なく動きました。

s02.png

おお、ちゃんと hello が hello と送られる!

よしよし。


===============================================
PS3コントローラー

Bluetoothがオンボードになったので、OSにもあらかじめドライバが組み込まれてるっぽい。
なのでその辺のドライバ系の手順ははしょっていきなりペアリングからやればよいようだが。

sixpair はどうやら正常にできてる気がするのだが・・・
sixad でうまくつながらない・・・?

これもだいぶ迷走しましたが・・・

ここの方法ですんなりできました。
https://freedompeopel.blogspot.jp/2016/07/blog-post.html

感謝。

ちなみに私の場合は途中でなんかコントローラーがフリーズしてるっぽくなったらとにかく再起動。
で、無事繋がりました。

===============================================
Cirrus Logic Audio Card

なんと4.9からドライバが組み込み済み!?
的な?

ここに書いてる通り各設定ファイルを書き換えるだけですんなりと・・・
http://www.horus.com/~hias/cirrus-driver.html

むうう・・・
去年のあの苦労は一体・・・?
DSC01071.JPG

赤いLEDが消えて緑のLEDだけ光ってる状態が正常に動作しているという事です。

ちゃんとサウンドも再生できた!

・・・が、
なぜかmp3再生するとノイズが混じるな・・・?
mpg123 を使ってるんですがね?

んー、
そういや今回はミキサーとか何も設定してないな・・・
あとでその辺も試してみるか。




DSC01069.JPG

というわけであっさりと「シリアル通信」と「PS3コントローラー」と「サウンドカード」が使えるようになったのだったのだ!!!

むぅ・・・すばらしい・・・


やっぱあれだな、
行き詰ったらとっとと諦めて半年くらい待つ!
だな。


いじょう。



・・・

・・・・・


あ!

カメラを忘れてた!!!


むぅ・・・GW中にやるか・・・



nice!(0)  コメント(0) 

また割れたよ3DS LL・・・ [ゲーム]

むぅ・・・!

なんか知らんがいつのまにかまた割れてしまった3DS LL。
DSC01067.JPG

まじかおい!


むぅ・・・?

前にも割れて修理に出した話はしたと思いますが・・・
何度か落としてカド打ったりしてるのでそのせいだとばかりおもってましたが・・・

ぐぐってみるとLLのココって結構割れやすいのな。

そうか・・・
そういうことだったのか・・・

んー・・・

また修理出すのもあれだなぁ。
結局また壊れるんじゃね?

てか私の3DS LLは旧型のいわゆる無印というやつで。
いっそNewに買い替えるか・・・?


でもなぁ・・・そんな金の余裕も無いというかあるというかビミョーなんだよねぇ・・・

いやでもでも、こんな壊れやすいの何度も修理出すのもなぁ・・・
有料だし。

んー・・・

・・・・・・

DSC01068.JPG

買ってきた。

New 3DS LL

あああもう~~~・・・


だってね、修理出したらしばらく使えないじゃん?
ぶっちゃけ3DSもあとどのくらい持つんだろうって感じあるんですが・・・
まだもうちっとイケるだろう?

ちなみに保護シートは古いのから引っぺがして貼りなおしたので汚いのデス・・・


というわけで今更ながらNewになったわけですが。
ゲームやデータの引っ越しにだいぶ時間かかった・・・

こういうとこはSONYの方がいいよねぇ。
自分のアカウントで数台の機器は使いまわせるからねぇ。
Vitaも壊れて買い替えたことあるので、そういうとこ便利だったよ。


などとぶつくさ言いながら引っ越し作業してたり。

てかNewってMicroSDだったのか!
幸いRaspberryPIのために使った32Gが余ってたのでそれにコピー。
何とか引っ越し完了。

DQMJ3Pも問題なく引っ越しできたみたいだな・・・
ネット対戦もできたし。

よし。


・・・
・・・・・・

まぁ・・・


本体が新しくなってもやるゲームは一緒なんだけどね。

とりあえず無印よりは割れにくくなっていることに期待したい。


あああ・・・これでまたSwitchが遠くなったよ・・・


nice!(0)  コメント(0) 

ようやく図鑑が100%に・・・ [ゲーム]

ふぅ・・・
疲れたよオジサンは。
DSC01049.JPG

アローラ図鑑が100%になりました。
ぱちぱち。

まぁでも今はネットで交換できるからねぇ。
友達のいないオジサンでも集められるわけで。

ちなみに最後はニョロトノ。
DSC01050.JPG

とにかく図鑑を埋めようと テッカグヤとか ポリゴンZとか貴重なのもとっとと放出してしまったのでなかなか交換できなくてねぇ・・・

マリエ庭園でひたすら雨降らせてねばったらニャースが呼んでくれたよ。
ほろびのうた を使われた時はあせったよ。
てか攻撃技ばっか持たせてるからそういうのに対応する技って持ってないんよ・・・

ちなみに同じように ほろびのうた を使うラプラスはもうめんどくさいのでマスターボール使っちゃった。
まぁ、いつもマスターボールってもったいなくて使わないままだしな。


ところでグローバルアトラクションとかいうので ポケモンをたくさん捕まえよう! なるのをやってますが、これってもう12日までに1億は無理じゃね?
DSC01051.JPG

てかね、こんなのやってるって気づいたの数日前だし、その頃はだいぶ図鑑も埋まってたので今更そんな捕まえるのないんだよね。

オジサンはバトルあんまりしないので、ただ図鑑コンプを目指してただけだし・・・

んー・・・

まぁでももう少し捕まえて少しでも貢献してみるか。

nice!(2)  コメント(0) 

Zリングってどうよ? [ゲーム]

買っちゃったんだよねZリング。
DSC01038.JPG

ポケモン サン ムーンのアイテム。
メタボで糖尿病のオッサンの腕にもついた。

まぁ・・・貧弱なボーヤだったので腕が太くなかったのが幸いしたか・・・

ちなみに腕の細い子供でも内側のゴムバンドで固定されるので安心です。
DSC01039.JPG

しかし我ながらキタネー腕だな!

で、ゲームと連動して光ってブルブルします。
DSC01040.JPG

コレがね、どうやって連動するのか気になっててね。
3DSの赤外線の口は折りたたむとこにあるのでこの状態だと死角だしなぁ?
それで欲しくなって買ったんですけどね。

ゲームのサウンドに連動するのな。
なるほど・・・

しかも結構精度高くね?


ところでこの裏のセンサーっぽいのは何ね?
DSC01042.JPG

んー・・・?

ひょっとしてガオーレとかいうお店に置いてあるゲーム機で遊ぶためのものか?
HPの説明を見るとこのZリングはエネルギーをチャージできるらしいが、具体的にどうすれば何エネルギーをチャージするんだ?

まぁ、たぶんガオーレはやることはないと思うけど・・・


あとね、このZリングはゲームの他にポケモンの動画にも反応するようで。
付けたままネットを徘徊してたら結構色んなのに反応したよ?

まぁちょっとは遊べたかなぁ。
興味のある人はポチってくれると私がちょっぴりだけ幸せになります。

ポケットモンスター ポケモン Zリング & Zクリスタル スペシャルセット

ポケットモンスター ポケモン Zリング & Zクリスタル スペシャルセット

  • 出版社/メーカー: タカラトミー
  • メディア: おもちゃ&ホビー

それはさておきそんなこんなで最近はポケモン サン ムーンを夜な夜なやってるわけですが。
とりあえずクリアはしたが、さてこれからどうすっか?

対戦とかあんま人に勝てたことないしなぁ・・・
図鑑はまだ50%か・・・

・・・

あれ、ピカチュウ取ってねえし・・・
そういや見たこと無えな。
DSC01043.JPG

しかたない、探すか。
他にも取り逃してるのかなりありそうだし。



あとはアレだね、GTSとかいうのでネットで交換とかしてとりあえず集めるかなぁ。
交換しないと進化しないのとかあるじゃん?

今はネットで交換できるから便利だよねぇ。

nice!(0)  コメント(0) 

Raspberry Pi3 にCirrus Logic Audio Card を付けてみたがこれがまた悪戦苦闘・・・とりあえずできたけど [PC]

というわけでRaspberry Pi3 にCirrus Logic Audio Card なるものを買って付けたのだ。

DSC01034.JPG


Pi1の時もオーディオカード付けたんですがね、カーネルをビルドしたり大変だった。

で、今回もPi3用に色々マニュアル見ながらやったのですが・・・これがまたハマりまくって・・・
どうやらOSやらToolsやらがバージョンアップされてるからか、マニュアル通りにできなくね?

あげく仮想PCにDebian立てて、クロスコンパイルとか挑戦したんだけどやっぱダメ。
ていうかよく解らん。

というわけでどこかから出来上がってるカーネルイメージを入れるというのもやってみたがこれもまたなかなかいまくいかず悪戦苦闘・・・


が、やっと出来たよ疲れたよ・・・



ここからダウンロードしたカーネルを使いました。
http://www.horus.com/~hias/cirrus-driver.html
基本、ここに書いてる通りやる。

rpi01.png

できたっぽい。
mp3がちゃんと再生出来てスピーカーから音が出たのでOK。
・・・でも文字化けしてね?



最初私はRaspbianのイメージから作ったSDカードでRaspberry Pi3を立ち上げて、上記のカーネルを入れたのですが何度やっても全然ダメ。
オーディオカードがリストに出てこないの。


ひょっとしてと試しにNOOBSからRaspbianを入れてやったら無事できました。

ていうか、問題だったのはそれだけ?

NOOBS使ってれば他のカーネルイメージでもできたのか・・・?
いやでもどっちで入れても一緒なんじゃね?

やっぱどこか手順間違えてた?


むぅ・・・
でももう疲れたからどうでもいいや・・・

使えるようになったし・・・
これでよしとしよう。


終了。

nice!(0)  コメント(0) 

Raspberry Pi でWindowsが使えるのか! [PC]

で、Raspberry Pi3 なるものを買ったのですが。

Raspberry Pi のサイトを見ていると Windows10 IoT Core なるものが。
何ねこれ?

ググってみると小型デバイス用のWindowsOS?

むうう・・・Windows派の自分としては是非試さねば!


で、Windows 10 IoT Core Dashboard なるものをダウンロード。
無料だね。

Setupして・・・なるほどこれでmicroSDカードにRaspberry Pi用のOSを書き込むのか。
SDカードに書き込んだら本体に差し込んで起動・・・!

おお、何か画面出てきた。

でもフツーのWindowsデスクトップみたいなGUIがあるわけじゃないのな。
だからCoreなのか。

自分で何かアプリ作って動かすんだね。
後でRapiro用のプログラムでも作ってみるかなぁ。
Bluetoothでコントローラーつないで、シリアルポートにコマンド送る感じ?


まぁでもまずPCからRaspberry Piへの接続方法を確認するです。

・ブラウザで接続
  http://IPアドレス:8080 でデバイスの管理画面に接続する

・PowerShellで接続
  >net start WinRM
  >Set-Item WSMan:\localhost\Client\TrustedHosts -Value minwinpc
  >Enter-PsSession -ComputerName minwinpc -Credential minwinpc\Administrator

・エクスプローラでドライブに接続
  \\IPアドレス\C$

ふむふむ。


さてさてとりあえずWiFiで接続しないとな。
有線は邪魔だし。

ところがWiFi接続でハマったの巻。
===========================================
今日の本題。

ええと、ウチのルーターは一応セキュリティーを気にしてANY接続を禁止してSSIDが見れないようにしてるのですが・・・

SSIDが見れないとWiFiで接続できん!

手動で設定しようにも・・・
コントロールパネルとか設定ツールとかが無えし!

とりあえずANY接続を許可して・・・つながったな。
これで接続設定は作られたと思うので再びANY接続禁止に・・・切れた。

むぅ・・・

ぐぐるのです。

とりあえずこの辺が参考に?
https://developer.microsoft.com/en-us/windows/iot/docs/setupwifi

これはWiFiのプロファイルを別のPCから持ってくる方法か?

なので、一度ANY接続許可でつながった時にプロファイルが出来てたみたいなので、その設定をいじってなんとかつながった。

以下メモ書き
=============================================
1) 一度ANY接続許可してWiFi接続できるのを確認してまたANY接続禁止に。
  -> プロファイルができる

2) PowerShellでプロファイルをxmlファイルにエクスポート
  > netsh wlan show profiles
  > netsh wlan export profile name=プロファイル名

3) エクスプローラーでファイルを探してxmlファイルを編集
  \\minwinpc\c$\Data\Users\administrator\Documents の下にあった

4) xmlファイルをテキストエディタで開いて<nonBroadcast>をfalseからtrueに変更

5) 再びPowerShellを使ってプロファイルをインポートして接続してみる
  > netsh wlan add profile filename=Wi-Fi-プロファイル名.xml
  > netsh wlan connect name=プロファイル名

つながった。

ふぅ・・・



さて、次はVisualStudioでアプリ作るってのを試してみようかね。


nice!(0)  コメント(0) 

Raspberry Pi っていつのまにか3まで出てたのな [PC]

以前、RapiroなるSDガ○ダムげなマイコンロボットを買った時に Raspberry Pi なる超小型 Linux PCを買っていじってたわけだが。

まぁ、だいぶ長いことRapiroも埃まみれになってるわけで・・・

ネットを徘徊してたらたまたまこの Raspberry Pi 3 なるものを見かけて。
いつのまにか 3 になってたのか。

・・・おや?
WiFiとBluetoothがオンボードで内臓されているとな!?

むぅ・・・


以前使ってた Pi はどっちもUSBのアダプタ付ける感じだったのですよ。
で、Rapiroで遊ぶにはそういうの付けないとイマイチ遊び足りなくてねぇ。

でも Pi 3 はアダプタ付けなくてもいいのな。


というわけでAmazonで購入。
DSC01030.JPG

本体だけ買おうと思ったけどなんだか電源が2.5A以上とか見かけたのでとりあえず「よく一緒に購入されている商品」でまとめた買っちゃったわ。

ええと・・・何が来たんだ・・・?

・Raspberry Pi 3 Model B
・ケース & ヒートシンク
・MicroSD 32G
・電源用のUSBアダプタ

こんなとこか?


さて、早速OSをインストール・・・

Raspberry Pi のサイトから Raspbian なる OS の最新版をダウンロード。
SDFormatter で SDカードをクイックフォーマット(デフォルト)。
Win32DiskImagerで Raspbian の .img ファイルをSDカードに書き込み。

う・・・遅い・・・

Raspberry Pi3 の基盤に SDカード挿してUSBのキーボードとマウスとあとHDMIでモニターつないで電源をブッ刺す。

おお、動いた。

この時点で起動しないとね、色々悪戦苦闘するハメになるよね・・・
とりあえず今回はすんなり動いたかな・・・?

OSが起動したらタイムソーンをTokyoにして、キーボードをいわゆる日本語Windowsの互換にして・・・
apt-getでupdateやらupgradeやら実行して色々なものを最新版に更新。

くぅ・・・やっぱUpgradeは時間がかかるか・・・


終わったらまずWindowsからリモートデスクトップでつながるように設定。

以前 Raspberry Pi のセットアップした時のメモ書きを見ながらやるのですが・・・
まぁ・・・
もう憶えちゃいねえな!

でもメモ書きの通りにやったらとりあえず出来たっぽいから不思議だ。


WindowsPCからリモートデスクトップとTeraTermでつながるの確認したら一旦シャットダウンしてモニターやらキーボードやらとっとと抜く。

だって Raspberry Pi に付いてるとウゼエもん。

電源とLanケーブルだけにして起動・・・
よしつながるな。


あとはゆっくり無線Lanの設定・・・
WiFi内蔵というのを早速試してみるのデス。

まぁ・・・無線LANの設定はいつもつまずくのですが・・・
ウチはセキュリティを考えていちいち手動で設定しないといけないようになってるのですが何とか・・・

できたな。

よしこれで繋ぐのは電源だけになったのでケースへ。
DSC01032.JPG

LEDの部分は塞がって外から見えなかったのでドリルで穴開けました。
ドリルってまぁピンバイスね。

蓋をして完成。
DSC01031.JPG

・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・


・・・何が完成?


ただOS動いてるだけじゃん。



んー・・・

いや最初はRapiroに乗せ換えようと思ったんだけど。

ちなみに Raspberry Pi 3 は必要な電力が2.5Aくらいに上がったとか書き込みを見かけましたが、私のRapiroはバッテリーやACアダプタから直結でDC-DCコンバータ4Aまでのやつ使って Raspberry Pi につなぐように改造してあるので問題ないとは思うのですがなんでこうダラダラな文章になってるのかというと徹夜でペルソナ5やってたのでもう無理だよ眠いのですよていうかまた明日は仕事だよ最近遅れ気味だから休めないよ。


今日は終了・・・


nice!(0)  コメント(0) 

ゲキドライヴ再び [模型・フィギュア]

久しぶりにゲキドライヴなのです。

ドラゴンツイスターなり。

DSC01018.JPG

最初から基本的なカスタムパーツがセットになってるクイックスピードカスタムとかいうやつを買ったのです。

説明書は2枚入ってるのか。
DSC01019.JPG

ドラゴンツイスター用と追加パーツ用。

で、これがドラゴンツイスターのパーツ。
DSC01020.JPG

で、たぶんこの辺が追加のカスタムパーツ。
DSC01021.JPG

で、まずドラゴンツイスターを作りましょ。
DSC01022.JPG

できた。

で、今度はカスタムパーツを付けましょ。
DSC01023.JPG

できた。

・・・シールは後で貼るです・・・


さてこのドラゴンツイスター、電池ボックスのパーツが新設計で重心位置が下がってるそうです。
今まで車体のユニットは全車同じものだったんですけどね。

DSC01024.JPG

んー?
形が違うのは分かりますが重心がどうとかはこれではわからんナリ。

バラして比べる。
左がドラゴンツイスター。
DSC01025.JPG

むう・・・?
乾電池の高さは何も変わってない気がするが・・・

ああ!
DSC01029.JPG

フロント側が下がってるのか!?
斜めに傾いてるんじゃね?

DSC01026.JPG

フロント側は乾電池が電池ボックスに埋まってる感じ。
これで重心が少し下がるのか。


ふぅむ・・・
たぶんリア側はモーターユニットとの接点だから位置の変更ができないのでフロント側だけ下げた?
的な?

とりあえず重心は下がってるっぽいのを確認したのでドラゴンツイスターはここまでにしましょ。


さてさて、ついでに他のカスタムパーツも買ってきてたり。
DSC01027.JPG

こんなの。
DSC01028.JPG

ええと、左の赤いのはハイトルクギヤセットにレブカスタムモータを組み合わせたの。
レブカスタムモーターというのはどうやら高回転型らしい。

ふうむ。
これでギヤセット3種 x モーター3種の組み合わせができるわけだね。

どの組み合わせがいいのかは試してみるしかないのですが・・・
タイヤの組み合わせもあるしなぁ・・・


・・・

後でぐぐって他の人のセッティングを参考にしましょ。


青いのはフロントのダブルシャフトユニットで、緑がこれまたフロントのステアリングユニット。
これが以前から気になってたのデスよ。

ステアリングかぁ・・・!
的な?

ミニ四駆もゲキドライヴも前輪はシャフト1本通してるだけなので、コレだと曲がり辛いよねえって気がしてて。

でも、ダブルシャフトは要はシャフトの真ん中をぶった切って左右別々に回転するようにしたわけで、これはこれで有効ではないかという気はしますが、ステアリングの方はどうなんだろう?

確かにコーナーに沿ってステアリング切れれば一番効率いいんだろうけど、運転手もいないのにどうやって?


車体をコロコロ転がしてみても進行方向に合わせてステアリング切れないぞ?
むぅ・・・?


というわけで例によってマスタースピードウェイで走らせてみましょ。

まずフロントユニットがノーマル。


ダブルシャフト。


ステアリング。



・・・

・・・・・・


全部一緒だな。
編集しててどれがどの画像かわからなくなるくらいに・・・

むぅ・・・そんな馬鹿な!?


・・・てかね、そもそもセッティングなんて適当にパーツ付けただけでまともにやってなかったわな。
そのせいでまともに周れないだけっぽいなコレは。
電池もだいぶヘタって来てね?

他の人の動画見ると全然違うもんなぁ?


んー・・・
と、なるとそもそもちゃんとセッティングするとこから始めないといけないわけだ。

ちょっといじってみるか・・・


ところで余談ですが、マスタースピードウェイってどうよって気が?
いや何かねぇ、やっぱハイスピードレースウェイと比べるとねぇ?
コレでやっててもあんま意味ないような・・・?

まぁ走らせるだけなら何でもいいわけだが。
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -