So-net無料ブログ作成

Raspberry Pi でWindowsが使えるのか! [PC]

で、Raspberry Pi3 なるものを買ったのですが。

Raspberry Pi のサイトを見ていると Windows10 IoT Core なるものが。
何ねこれ?

ググってみると小型デバイス用のWindowsOS?

むうう・・・Windows派の自分としては是非試さねば!


で、Windows 10 IoT Core Dashboard なるものをダウンロード。
無料だね。

Setupして・・・なるほどこれでmicroSDカードにRaspberry Pi用のOSを書き込むのか。
SDカードに書き込んだら本体に差し込んで起動・・・!

おお、何か画面出てきた。

でもフツーのWindowsデスクトップみたいなGUIがあるわけじゃないのな。
だからCoreなのか。

自分で何かアプリ作って動かすんだね。
後でRapiro用のプログラムでも作ってみるかなぁ。
Bluetoothでコントローラーつないで、シリアルポートにコマンド送る感じ?


まぁでもまずPCからRaspberry Piへの接続方法を確認するです。

・ブラウザで接続
  http://IPアドレス:8080 でデバイスの管理画面に接続する

・PowerShellで接続
  >net start WinRM
  >Set-Item WSMan:\localhost\Client\TrustedHosts -Value minwinpc
  >Enter-PsSession -ComputerName minwinpc -Credential minwinpc\Administrator

・エクスプローラでドライブに接続
  \\IPアドレス\C$

ふむふむ。


さてさてとりあえずWiFiで接続しないとな。
有線は邪魔だし。

ところがWiFi接続でハマったの巻。
===========================================
今日の本題。

ええと、ウチのルーターは一応セキュリティーを気にしてANY接続を禁止してSSIDが見れないようにしてるのですが・・・

SSIDが見れないとWiFiで接続できん!

手動で設定しようにも・・・
コントロールパネルとか設定ツールとかが無えし!

とりあえずANY接続を許可して・・・つながったな。
これで接続設定は作られたと思うので再びANY接続禁止に・・・切れた。

むぅ・・・

ぐぐるのです。

とりあえずこの辺が参考に?
https://developer.microsoft.com/en-us/windows/iot/docs/setupwifi

これはWiFiのプロファイルを別のPCから持ってくる方法か?

なので、一度ANY接続許可でつながった時にプロファイルが出来てたみたいなので、その設定をいじってなんとかつながった。

以下メモ書き
=============================================
1) 一度ANY接続許可してWiFi接続できるのを確認してまたANY接続禁止に。
  -> プロファイルができる

2) PowerShellでプロファイルをxmlファイルにエクスポート
  > netsh wlan show profiles
  > netsh wlan export profile name=プロファイル名

3) エクスプローラーでファイルを探してxmlファイルを編集
  \\minwinpc\c$\Data\Users\administrator\Documents の下にあった

4) xmlファイルをテキストエディタで開いて<nonBroadcast>をfalseからtrueに変更

5) 再びPowerShellを使ってプロファイルをインポートして接続してみる
  > netsh wlan add profile filename=Wi-Fi-プロファイル名.xml
  > netsh wlan connect name=プロファイル名

つながった。

ふぅ・・・



さて、次はVisualStudioでアプリ作るってのを試してみようかね。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。