So-net無料ブログ作成

3Dプリンタってどうよ? [模型・フィギュア]

ついに買ってしまった!
3Dプリンター!

ボンサイラボ の BS CUBE とかいうやつ。

DSC01097.JPG





いやね、数年前に話題になった時も欲しかったんだけどね、
高いじゃん。

でもたまたまコレをネットで見かけまして。

3万だったら買えるな!
しかも初心者でも使いやすいとな?

買うしかねえな!


え?
3Dプリンターなんか何に使うのかって?

決まってんじゃん!
コレだよコレ!

DSC01101.JPG

え?
意味解らん?

・・・えーっと、あのですね、突然の思い付きでコレ作ってみたくなったんですよ。
tank05.jpg

レッドウルフ。

でね、メルカバって戦車買ってきてね、ガリガリやってたの。


でもね、うん。
プラ板やプラ棒貼って削ったりとかね、めんどくさくなってさ。
てかプラ棒って固いよ、削るの疲れるよ・・・

というわけでね、プラモデルの改造パーツを3Dプリンターで作れないかなぁと・・・

以下やってみたこと。


まず付属のSDカードに入ってたサンプルデータを出力してみる。
本体のパネルを操作するだけ。
しかも簡単。

DSC01099.JPG

できた。
50分くらいかかったかな・・・
やはり時間がかかるのは仕方ないか。

でも昔聞いた頃よりは早いだろう?
このくらいなら待てるか・・・


次にメーカーサイトでマニュアルやらドライバやらソフトやらダウンロードしてやってみる・・・
Windows10でも使えた。
最初にドライバのエラーが出た気がしたが、差し替えたり再インストールしたりで問題なさげ?

USBで繋いでソフトでプリンタの設定して・・・
パラメータがちゃんと合ってないと動かないので多少手間取る・・・

ホームボタンで台座が初期位置に動いたので接続はOK。


さて、これで3DモデルのデータがあればPCのソフトで出力できるようになった。

が、

さて最後は出力するモデルデータをどうするかだな・・・

というわけでここで問題が。
そもそも出力するモデルデータを何でどうやって作るか・・・
フリーのアプリとかWin10の噂のペイント3Dとか色々見てみたが・・・
う~ん・・・?

プラモデルの部品を作りたいので、ミリ単位くらいには数値で指定して作れるものがいいのだが・・・
いわゆるCADってやつになるのか?

と、ネットの海をさ迷い・・・


あ!
自分には Light Wave 3D があるじゃないか!?

バージョンは一つ前の 11.6 だか確かこの頃から3Dプリンタ用のデータに対応したはず!


というわけでほぼ使っていない埃まみれ(?)のLight Wave 3Dを引っ張り出す。
なんかね、使わないんだけどね、OSバージョンアップとかPC環境変わった時にバージョンアップしてたんだよね。
せっかく高い金出して買ったものなので使えなくなるのは嫌で・・・


というわけで起動!
s002.png

箱みたいなものなら簡単に作れる。
数値入力も恐らく実際に出力されるもののサイズになるだろうことを期待して、 24mm x 20mm x 32mm の大きさで作成。
3Dプリンター用の STL 形式とかいうファイルに変換・・・三角ポリゴンに分割されるのか。


よし、ここまではOK!


で、今度は BS CUBE のマニュアルに説明がある Repetier Host という出力用のソフトでモデルのファイルを読み込む。

台の上にイイ感じで収まってるっぽいのでよさげかな?

出力を実行!
s001.png

コレは出力に約32分と表示されてたが、実際にそのくらいで出力完了。

DSC01100.JPG

おお、出来た!

サイズを測るのです。
DSC01102.JPG

24mm・・・20mm・・・と、高さは32mmより少し長いがコレは出力するときに付けられる底の余白部分だな。

ピッタリじゃないか!

すげーな、3Dプリンター。

後はもちっとモデルをちゃんと作って・・・

Light Wave が使えたのはラッキーだった。
モデルデータなら色々作ったことあるし。

色々手を出してみるもんだな。



ところでプラモデルに使うにはちと材質に問題が。
PLA樹脂とかいうの、ポリなんとか系?
プラモデル用の塗料が乗らないのは確認済みだったが。

表面にパテか何か塗らないと。
そもそもサフやサーフェイサーで使えるのがあるかどうかだが・・・

ま、表面はシマシマの凸凹があるからどうせガリガリとヤスリ掛けしないといけないんですが。
あまり厚盛すると本末転倒になる気もしないでもなく・・・?

明日は表面仕上げをどうするか色々試してみるかなぁ。




nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました