So-net無料ブログ作成
検索選択
懐かしの ブログトップ

ルービックキューブ [懐かしの]

私は40代なので、小学生の頃にルービックキューブが流行ってた世代です。

でん。
005.JPG
ルービック三兄弟。
全部、近年買いなおしたものですが。

まずはルービックキューブ。
006.JPG
しかしコレは昔のルービックキューブとはちと違います。

009.JPG
スピードキュービング。
早解き用のルービックキューブですね。

最初から真ん中のフタが外れるようになっていて、ネジでバネ圧を自分好みに変えられるようになっています。
専用のオイルも付いてます。

買った時からスルスルですよ。

まぁ、といっても私は早解きはとてもとても出来ませんが・・・


007.JPG
ルービックリベンジ。

オリジナルの販売は私が高校生くらいの時でしょうか?
コレは近年再販されたもの。
てかもう扱ってるメーカーが違うんですけどね。
ルービック氏の逆襲とか何とかそんなフレーズだったような気がします。
3x3のルービックキューブを4x4にしたもの。

008.JPG
さらに数年前に買ったのがこの5x5。
いやもういい加減にせえよって感じ・・・

ちなみに私は3x3しかいじれないので他は買った時のまま崩さずに飾ってます・・・


ルービックキューブは小学生の当時、マグレで一度だけ六面揃えましたがその後は結局、虎の巻を見て揃え方を覚えまして・・・
まぁ、30年経って未だに覚えてることには自分でもビックリですが。


ところで私はちと自慢の技があります。
012.JPG
十文字。
小学生だった当時、自分で作り方を考えたのですよ。
いやホントに。

いやコレができる人は世の中に星の数ほどいるのは判ってますがね・・・
でもね、フツーの人はたいがい市松模様と勘違いして「そんなの簡単だよ」とかいうんですよ。
で、やってみると全然できなくてグチャグチャにしちゃうという・・・

013.JPG
コレが市松模様。
ま、簡単にできますよ。

フフフ・・・
しかし十文字はチト違うんだなぁ。

そりゃルービックキューブが得意な人は簡単にできちゃいますけどね。
一般人にはちと難しいのですよ。

というわけで作り方を覚えてプチ自慢しましょう。

手元がおぼつかないあたりが私のレベルがバレバレですね・・・

あれ、何かBlogに上げると画質がおかしいな・・・?
しかし対処法を調べるのがめんどくさいわ。
nice!(1)  コメント(1) 

その3:ちょっとエッチな福袋 [懐かしの]

【懐かしの品その3:ちょっとエッチな福袋】
コンプティークという雑誌があります。
今ではギャルゲー中心のナニな雑誌ですが、昔は「戦うパソコンゲームマガジン」を名乗っておりました。
RPGとかSLGとかが主流でね。

で、当時は18禁ネタは袋とじで数ページくらいだったのですが、それからできた増刊号がコレ。
「ちょっとエッチな福袋」。
001.JPG
第1集が昭和62年発行か。
何ていうんですかね、エロゲーとエロマンガとエロアニメの総合カタログです。
中を見るといわゆるアニメ系絵柄エロの創世記の作品集って感じですね。

第4集も持ってたのですが例によって行方不明で第1~3集だけです。
しかし何集まで出たんでしょうね?


今のエロと比べたら、そりゃもうショボイですよ念のため。

しかしそれまではエロといったらエロ本やエロビデオは実写だし、エロマンガも劇画調のものが主流でした。
この頃からアニメや少年漫画のような絵柄のエロが増えてきましたね。
エロマンガ雑誌も色々出てきましたよ。

この「ちょっとHな福袋」は結構、資料的価値はあるのでは?


早速中身を紹介したいのですが、いかんせん今となっては思いっきり18禁。
しかも内容はロリコン系が多いので現在では完全にアウトだな。
まぁ、つってもショボいアニメ系絵柄なんだけどねぇ。

というわけで残念ながら中身の紹介はナシ・・・

こんなんでも中高生の頃はドキドキしたものですよ。
ちなみに、当時は18禁というわけではなかったので念のため。


nice!(1)  コメント(0) 

その2:模型雑誌 [懐かしの]

【懐かしの品その2:模型雑誌】
まぁ私は物心ついた頃に「マジンガーZ」の洗礼を受け、いまだにアニメと言ったらロボットアニメな人なんですが。

当然ガンプラはハマりましたよ。
002.JPG
やっぱホビージャパンのHOW TO BUILD GUNDAMでしょ。
エルガイムも好きでしたねぇ。
BRASSTYなんて懐かしいな。
ホビージャパンのオリジナル企画です。
Zガンダムもありますね。
ここまでがホビージャパン系です。
ほんとは青の騎士ベルゼルガ物語もあったのですがなぜか行方不明です・・・
恐らく東京~埼玉での引越しを繰り返していたうちに無くなったのかと・・・
おぅシット。

なぜかモデルグラフィックスの創刊号があります。
モデルグラフィックスは作品の質が高かったと思います。
創刊号にはフル可動のナウシカのフィギュア(フルスクラッチ)があります。
当時は可動するフィギュアなんて考えられなかったから、ナウシカは衝撃的でしたね。
別冊のZガンダムも残ってました。

ところでZガンダムはホビージャパンの本とモデルグラフィックスの本を持ってますが、ぶっちゃけモデルグラフィックスの方が作品の質は高いです・・・


さてさてガンプラブーム以来、各模型メーカーもバンダイに続けとばかりにロボットアニメの模型に力を入れていきます。
タカラはダグラム、ボトムズ、ガリアン、クラッシャージョウ等。
アリイとイマイはマクロスとか。
イマイは更にオーガス、モスピーダ等。
アオシマはイデオンとか出してましたね。
(ちなみにマクロスは今やバンダイですがね・・・)

で、タカラは模型雑誌まで出しました。
どん。
001.JPG
デュアルマガジンです。
創刊号~12号まであります。

表紙を見るとダグラムから始まって、クラッシャージョー、ボトムズ、巨人ゴーグガリアンときてますね。
おや?
ひょっとしてデュアルマガジンは12号までで終わりか?
ということは全部そろってるのか・・・

バンダイもいいですが、タカラもいいよね。
ダグラムやボトムズは色々買いましたよ。
クラッシャージョウとかね、ファイターがなかなか手に入らなくてねぇ・・・
何とか手に入れましたけどね。
再販してくれないかなぁ。
ダグラムはデュアルモデルとか残ってますが、そういうアイテムの紹介はまた後日。


さてさて、本当は各書籍の内容についてももっと触れてみようと思ってたのですが、ちとめんどくさくなってしまい止めました。
なので内容については後日・・・

リクエストがあれば書きますが。
(まぁこのBlogを見てる人なんてほとんどいないですがね。)

しかし、もっと色々な本があったはずなんだけどなぁ?
やっぱり捨てちゃったのかなぁ・・・

フルスクラッチのレイズナーが載ってたのは何で雑誌だったかなぁ?
むぅ・・・もう一度探してみるか・・・

nice!(2)  コメント(0) 

その1:ラジコン [懐かしの]

さてさて、私は今年の春に20年ぶりに実家に帰ってきたわけですが、まぁ家の中を探すと懐かしいものが色々と出てくるわけです。
本とかね。

ま、さすがにプレミアがつくようなものは無いですけどね。

資料的価値はあるんではないだろうかと勝手に思うのでジャンル毎に数回に分けて紹介したいと思います。

【懐かしの品その1:ラジコン編】

私が高校生の頃に初めて買ったラジコンです。
002.JPG
京商 ギャロップMk2 4WDS
ボディーは改造して出っ張りを取っちゃってます。
切り取ってプラ板で塞いだだけですが。


たまたま漫画雑誌の広告を見ましてね、当時びっくりしたんですよ。
今時のラジコンは四駆なのか! と。
私の知ってるオフロードラジコンはタミヤのバギーチャンプくらいだったし。
しかもコレは4輪ステアリングなのか!

欲しくなって買っちゃいました。
でも高校生だったので、買うまでには結構長い道のりがあったんですが。

005.JPG006.JPG
汚いですな。
しかも中身はもうボロボロです。
もうまともに走りませんよ・・・

でもね、このギャロップMk2ね、めちゃくちゃ重いんですよ。重量が。
もうね、遅い遅い。
私がコレを買ってから友人たちが実は持ってたラジコンを引っ張り出してきましてね。
グラスホッパーとかホーネットとか。
でね、そいつらの方が軽くて全然早いの。

ギャロップMk2の唯一の利点が、四駆なので雪道とかでも走れたこと。
さすがにグラスホッパーでは雪道は前に進まなかった。

しかしギャロップMk2を買った当時、実は京商では既にレースで常勝のオプティマがあったんですがね。
友人にそっちにすればよかったのにとか言われましたよ。
そんなこと言ってもどんなラジコンがあるとか知らなかったし・・・

でね、その後友人がオプティマ買ったんですよ。
いやもう早いのなんの。
スゲー!

で、しばらくしてやっぱ悔しいので私もターボオプティマを買いましたとさ。
だって欲しくなったんだもん。
004.JPG
京商 ターボオプティマ
フロントバンパーが無くなってますね。
あった方がカッコよかったんだが・・・
ボディーも後ろがめちゃくちゃカットされてボロボロです。

オプティマは二駆のような軽いシャーシで四駆をというコンセプトで作られたそうです。
なので軽いのです。
当時のレースでは上位には必ずオプティマが入っていたと聞きます。
007.JPG008.JPG
細いシャーシに長いサスアーム。
オフロードバギーなのにまるでF1の様だと思いませんか?
カッコイイです。

で、ターボオプティマとは初代オプティマを8.4V仕様にしたものです。
バッテリーは7.2Vが主流ですが、一時期8.4V化の流れがあったのですよ。

ターボが付いた分、標準のオプティマと何が違うかというと・・・
ラダーチェーンの材質を太くて固いものに(重量増)
フロント下部のアルミを厚くて頑丈なものに(重量増)
シャーシ下面に保護アルミプレートを(重量増)
オイルダンパーを大容量のものに(重量増だが当時はダンパー大型化は主流)

さらに私の付けたオプションは
サイドガード(重量増)
モーターガード(重量増)
フロントの他社製コの字アルミ部品(重量増)

うむ、軽量が売りのオプティマがただ重量増しただけだな。
頑丈にはなったけど・・・

このターボオプティマは今でも動くはずです。
プロポやサーボなど電装系をなんとかすれば・・・

ところでオプティマといえば、駆動方式はラダーチェーンです。
しかしオプティマの次に出たオプティマMIDはベルトドライブになりました。
主流がラダーチェーンからベルトドライブに変わっていった時期でもあります。

で、私のターボオプティマは実はベルト駆動に変更してたりします。
オプティマMIDが出た時に、京商がそれまでのオプティマ用にベルトドライブユニットのオプションパーツを出したんですよ。
恐らくオプティマ最後のオプションパーツでは?


ちなみに私もその後オプティマMIDに買い替えたのですが、残念ながらオプティマMIDは捨ててしまいました・・・
捨てなきゃよかったと後悔・・・

さらにその後レーザーZXを買いましたがそれはまだ残ってます。
そこでオフロードは一旦終了ですね。


最後にコレ。
003.JPG
RCLインターナショナル インシデント
初代インシデントのほぼそのまま状態です。
ちと傷んでるかも知れませんが・・・動くはずです。

インシデントは友人からもらいました。
RCLは当時新しく出来たメーカーだったと思います。

コレは初代インシデントです。
オイルダンパーが前後それぞれ1本ずつのモノショックダンパーです。
その後デュアルショックにしたやつとか出てたような?
何種類かのバージョンが出てましたね。

なかなか独創的なマシンで、評判もよかったと思いますよ。
友人も惚れ込んでましたから。

でもオトナになったら要らなくなってしまい、私がもらいました。
オトナになるってつまんないね。


実家に残ってたのはこの3台ですね。
あとのラジコンは以前Blogで紹介したと思います。
でもアパートを引き払う時にかなり捨てちゃったんですがね・・・
荷物に入りきらなくて。
おぅ・・・(涙)


さて、次回からは書籍編です。
これもまぁ色々と出てくるわ。
数が多いのでさらにジャンルを絞りましょうかね?

とりあえず模型雑誌あたりから紹介しようと思います。
nice!(2)  コメント(4) 
懐かしの ブログトップ